京都でテーマレビューをしてきたWordCamp Kyoto 2017 #wckyoto

さる2017年6月24-25日(土・日)に開催されたWordCamp Kyoto 2017に参加してきた。会場は京都大学。
京都で開催されたら、行くと決めてた。というのも府立植物園の温室に行きたかったのだ。京都に前日入りして、府立植物園を1日楽しんでからの参加となった。

セッションデイ

1日目はちょっとゆっくりして午後から。
京都大学もよりの出町柳駅から少し歩くと、部活動の掛け声が聞こえてきた。どこから入ってよいのか分からないので、歩いていた学生さんに聞いてしまった。たどりついた国際科学イノベーション棟は、歴史ある建物群のなかにある新しめの施設だった。

案内がかわいすぎる
案内がかわいすぎる

聞いたセッション

開発者・ブロガー・Web 担さんの悩みを解決!WordPress.com の活かし方
WordPress.com 開発・運営元である Automatticの 高野 直子さん。
WordPress.comはWordPressを使ったレンタルブログサービスだ。ブログ運営の悩みセキュリティやバックアップ、メンテなどを解決してくれる。WP REST APIも使えるし、有料版なら独自のテーマやプラグインを使うこともできるそう。無料版かやらってみようか?

「愛と涙のWordPress無理やりカスタマイズ事例集」
WordPressの人気テーマ「Lightning」などを開発しているベクトルの石川さん。
そこまでカスタマイズするならWordPressでなくてもいいのでは?と思うような事例集。多言語対応やActive Directoryの連携も、これが愛というものなのですね。案件をすすめるうちに出てくる要望で採算がとれるのか?といった質問コーナーもよかった。

「WordPressーアジアでの成長と未来」
WordPressのドキュメンテーションチームに所属するシンガポールの Jon Angさん。
WordPressの本場ともいえるアメリカでは、さまざまなシーンで利用されている。いっぽうアジア圏では大規模サービスや金融システムといった例は少ない。WordPressをより広めるため、コミュニティの役割とは? わかりやすい同時通訳あり。

wordcamp-kyoto-2017-wapuu

懇親会&LT大会

キャンパス内の吉田食堂に移動して懇親会が行われた。
スポンサーの協力により、なんと無料!飛び入りのLT(ライトニング)大会と、ノベルティ争奪戦のGOUTENじゃんけんで熱気がこもる。

コントリビューターデイ

2日のコントリビューターデイは、日ごろ使っているWordPressを自分たちでよりよくするために手を動かす日だ。私はテーマレビューのグループに参加した。

テーマレビュー

テーマレビューでは、公式ディレクトリに登録されるテーマを実際に審査(レビュー)する。レビューは英語で行うため、私にとってはハードルが高い。これまでにもやろうと思いつつなかなか勇気がなかった。
参加者は6人。

テーマレビュアーになる

メンター西川さんの説明を聞きながらwordpress.orgのサイトから Theme Review Teamのページにすすみ、「Become a Reviewer」をクリック…と気がつくとレビュアーに!? レビューするテーマは選べなく、流れにのってリンクをクリックした瞬間に割り当てられた。それも西川さんの作戦のうちだったのだ。

wordcamp-kyoto-2017-theme

レビュー開始

インドの開発者が作ったテーマの担当になった。
ここからはtracというプロジェクト管理ツールを使って開発者とのやりとりやレビューの進捗を行う。私は事前の準備がたりなくローカル環境を作ったり、slackに参加するところから始めた。

ローカルのWordPressが立ち上がったところで担当のテーマに切り替えてみる。するとPHPのエラーが大量に表示された。この状態でよく審査にアップロードできたものだと感心するも、問題点を具体的に挙げなければならない。5個ほど指摘すると、開発者へいったんさし戻すことができるそうだ。

学食のビーフカレー
学食のビーフカレー(ちょい辛め)

午後もレビュー

学食でカレーを食べて、テーマレビューを続ける。
グループのメンバーでレビューの手順やポイントをざっと確認した。
必須機能はもちろん、テーマでやっちゃだめなテリトリー(カスタム投稿とか)もあるし、GPLライセンスのチェックも必要だ。これまでレビューされることはあったものの、これらが守られているかどうかレビューするのは難しい。レビュー結果の英訳にもたついているうちに終了。

発表タイム

各チームより成果の発表があった。
課題を達成したり、やり残したり「この日のうちになにかを達成することは難しいけど、そうしようと行動したしたことが大事」と実行委員長 岡本さんの言葉にほっとする。そう考ればまた挑戦してもいいんだよ。

コントリビューターデイにもらったてぬぐい
コントリビューターデイにもらったてぬぐい

レビュアー脱落!?

数日後、東京に戻ってレビューを再開しようとした。担当から外されていた。「Become a Reviewer」をクリックしてから24時間以内に、trac上でアクションを起こす必要があるとのこと。レビュー待ちのテーマは多いので、のんびりしてたらレビュアー失格だ。ごめんなさい~

楽しかったよ〜

梅雨の京都はあじさいが見頃でした。運営スタッフのみなさんはじめ、ひさしぶりに会ったかた、初めて会ったかた、ありがとうございました!!

京都大学のあじさい
京都大学のあじさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。